違いを知っておこう

英語を話す時に気をつけておきたいのが、和製英語と外来語です。和製英語は英語として通じませんし、外来語の中には他国の言語も混ざっています。なのでこれらを英語と区別して覚える必要がありますから、しっかり単語の暗記も行っておきましょう。

和製英語と外来語の違い

和製英語

和製英語とは、日本人が外来語をアレンジして作った日本オリジナルの言葉です。なので英語を話す時に知らずに使っていると通じないことがあります。和製英語もカタカナで表記されますから、外来語や英語と区別がつかないことが多いです。プリンやワイシャツといった単語も和製英語です。

外来語

外来語とは、主に西洋から入ってきた言語のことをいいます。必ずしも外来語=英語というわけではなく、ドイツやポルトガル、オランダといった国から伝わってきた言葉も外来語といいます。外来語はカタカナや漢字でも表記されますし、タバコやカッパも外来語になります。

英会話を小上達させるコツ

English

英会話を身につけるためにしておきたいことは、まず自分の明確な目標を決めておきましょう。その目標も「ペラペラ話せるようになる!」だけではなく、もっと具体的な目標を提起しておきましょう。例えば「3ヶ月以内で単語を聞き取れるようにヒアリングを上達させる!」「1年後には洋画の字幕なしで観れるようにする!」などのイメージしやすい自分像をきめておきましょう。その目標が決まったら、そこまでたどり着くためのプロセスを組み立てることです。英会話教室に通ったり外国人の多い街で働いたり、行動に移すことが大切です。英会話を身につけることに成功した人の口コミなども参考にしてみましょう。また、英会話は聞く、話すということができなければいけません。耳から聞く機会を多くしたり、正しい発音を覚えたりする必要があります。ネイティブの方は、日本人の発音が違ったり話すスピードも早かったりします。耳が英語に慣れていないと聞き取れないことも多いので、一方的に聞くだけではなく「聞いて答える」という練習もしておきましょう。

目的別に探す

あなたが「英会話できるようになりたい!」と思ったきっかけは必ずあると思います。それは、海外留学を控えていたり自身のスキルアップのためだったり、仕事で必要になったりなど様々な理由を抱えているかと思います。その目的に合わせて英会話教室を見つけることも大事です。留学プログラムがある英会話やビジネス英語などを教えている教室に通うほうが効率がいいですよね。目的別に教室を探しておくと実際に使う時に役立ちます。でも何を参考に選べばいいかわからないという方は、口コミサイトなどを利用してあなたとい同じような境遇の人の意見を取り入れるのもおすすめの方法です。

広告募集中